兵庫県美方郡香美町の柴山港に浮かぶ「松栄丸」。創業は大正13年。それぞれの時代に必要とされる漁業のカタチを見極め、90年以上にわたり漁業を営んできました。

どこよりも「うみ・ひと・さかな」を愛しつづける会社である。そんな想いを掲げ、新しい漁業のカタチを切り開いていきます。

 

うみ

何よりも「うみ」があってこその漁業。次の世代に美しい「うみ」のバトンを渡したい。そんな想いで松栄丸は操業しています。

 

ひと

海のスタッフはこれまでの松栄丸に比べ、若い世代で操業しています。それぞれが自分の判断で責任ある仕事をしてもらえるようになりました。海を切り開いていく人、丘を守る人、この連携プレーが松栄丸の売りです。

 

さかな

海を出て、通常であれば2~3日で入港。鮮度の高いカニやホタルイカを持ち帰ってくることができます。漁から加工販売までを一貫して行っているのも松栄丸の特徴です。

海のスタッフ

松栄丸では、共に船に乗る仲間たちを「海のスタッフ」と呼んでいます。丘の上を守る人とのチームワークを大切に、一眼となって漁業を行っています。

社長 寺川明秀

 

船長 寺川寿人

 

機関長 キヨさん

 

トモさん

 

ヒデさん

 

サネさん

 

ユウキさん

 

工場長 卓志さん

 

 

松栄丸について

 松栄丸

大正13年、祖父の代から漁業を営む松栄丸。一隻の船で網を掛けまわし、海底のカニや魚を獲る底引き網漁業を行っています。

毎年のように変化し続ける日本海を相手に、その年の状況を見据えた漁業を行ってきました。兵庫県沖から、西は島根まで。漁師の中でも魚の宝庫と呼ばれる隠岐の島周辺など、山陰沖が松栄丸の活動範囲です。

平成17年に現在の中小型船に転換。機動力を活かし新鮮な海の幸を届け続けられる航海を心がけています。