兵庫県北部のちょうど真ん中。入り組んだ香美町の海岸線上に柴山港は位置しています。天然の良港として知られ、冬の松葉ガニを筆頭に四季折々の魚が楽しむことができる日本有数の漁港です。

 

 

柴山に春の訪れを知らせるホタルイカや鰰。なかでもホタルイカは日本随一の水揚げ量を誇ります。松栄丸独自の技術で加工を行う熟成干物”金の鰰”も注目を集めています。

6月から3か月は休漁期間。海のスタッフは個人の船で海釣りに出たり、船のメンテナンス。また、家族と過ごす時間を大切にしたり、ゆっくり身体を休めます。

9月の解禁日からは鰰やエビの季節。海水温がぐっと下がると、赤エビが多く水揚げされます。活魚はすべて水槽で港に持ち帰られるので、新鮮な活きたエビを目にすることができます。

11月6日、いよいよ松葉ガニの漁解禁日。賑わう港にずらりと並ぶ水槽。柴山港のカニは活カニのままセリにかけられます。華やかなカニの季節は3月末まで。

 

柴山カニについて

柴山港

柴山港は水揚げされてからセリにかけられるまで「活きカニ」の状態で水揚げされます。何十種類もの選別基準を組み合わせ、300種類以上にもなるランクで選別が行われます。

水揚げからセリまでの時間は限られているため、真剣に効率よく短時間に選別を行っていきます。

 

 

柴山ガニ

柴山ガニにはピンクのタグが付けられます。厳選された極上のカニには柴山ゴールドと言われる黒色のタグが付けられています。

カニは海底200m~400mに生息し、10年以上かけて脱皮を繰り返し成長します。10年~15年も生きていると、腹の部分に泥が入り灰色がかってきます。つまり、顔と腹の部分が灰色ではなくきれいなピンクで、かつ甲羅の分厚いカニに身が詰まっているとされています。

その他の様々な状態を瞬時に見極めセリにむけて選別を行っていきます。

 

カニの選別

見た目の大きさや重さだけではなく、本当においしいカニを見分け選別を行う。厳しい基準と目利き、そして活きガニの状態でセリまで行われる柴山港の取り組みこそが、多くの人に信頼され愛される所以なのです。