大活躍!

2017年3月2日

すごく便利で仕事が早いです。

届きました。

2017年1月11日

作って頂いたメーカーさん、送って頂いた運転手さん、ありがとうございました。
大切に使っていきます。
DSC_0589
作業効率UP、労働環境改善、水揚げUPを目指すために。
出来ることから少しづつやって行きます。

本年も宜しくお願い致します。

2017年1月6日

平成29年 初出港です!
また新たな気持ちでやっていきます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
50

今年最後の航海

2016年12月26日

いよいよ今年最後の操業となりました。
明日からは時化で出港出来ないので、そのまま年末年始の長休みに突入です。
長かったけど、あっと言う間に過ぎたように思えます。
あっ!まだ終わってませんね。
何事もなく入港し、無事に最後の競りが終わるまでは気を抜かないようにしなければ。
一年間ありがとうございました。
皆さん良いお年を!
DSC_0458

申し訳ありません。

2016年12月7日

12月になり、毎年のことですが時化が多くなってきました。
時化が多いと中小型船は出航出来ませんし、大型船もなかなか思うような操業が出来なくなってきます。
11月は毎日のように水揚げされていた松葉ガニも、間が空くようになってきました。
それに加えて年末に向けての需要増もあり、価格が上昇してます。
思うような値段で、思うような日程で供給できなくて申し訳ありません。
毎年、12月はこんな状況になります。
9月から初めていたネットでの直販業務ですが、松葉ガニ漁期に入ってから人員不足と業務内容の増加により行うことが出来なくなっています。
もっと早くにご連絡するべきでしたが、大変遅くなってしまったことをお詫び申し上げます。
今後についてですが、12月末まではどうしても厳しい状況にあり、1月以降にならないと再開出来そうにありません。
また、再開できるようになりましたらご連絡致しますので、どうかご検討下さいますようお願い致します。
本当に申し訳ありませんでした。
                       松栄丸 船長 寺川寿人

もうすぐ12月

2016年11月28日

もうすぐ12月です。
今年も残り1ケ月になりました。
11月、松葉ガニ漁解禁日に大時化になり、どうなることかと思いましたが、どうにか無事過ごすことが出来ました。
今年も残り1月です。とりあえず12月も無事に終えらることを願います。
DSC_0427

松栄丸の仕事・2

2016年11月20日

第1回に続いて第2回です。
前回は大まかな仕事の流れの説明でしたが、今回は生活のリズムについて説明したいと思います。
1
今年の9月は操業日が約16日間。
10月においては約12日間でした。
16日間と言ってもぶっ続けではなく、1日か2日間、長くて3日間操業です。
それ以外は休みで、気分転換にスポーツジムに行ったり、近所の温泉巡りしたり、家族で買い物に行ったり、結構気分転換の時間がありリフレッシュもできました。
そのかわり、水揚げも多くないので給与も少なめです。
普通に節約しながらの生活が大切になりますね。

そして、11月1日に入港し魚漁に区切りをつけ、松葉ガニ漁の準備をします。
47
11月5日の夜までは4連休です。
なぜなら、松葉ガニの解禁から12月末までの2ヶ月間は一番儲けないといけない時期で、時化以外の休みはほとんどなく、この2ヶ月の水揚げが一年の成績に大きく影響するからです。
なので、休む時はしっかり休み、松葉ガニ漁に備えるんです。
松葉ガニ漁が始まり、11月6日の解禁日は時化ですぐ入港し休んだものの、それ以降まともな休みは2週間の内今だ1日だけです。
時化で入港しても、活魚層のカニ達の水替えなどの世話があるので、家に帰ってゆっくりしている時間はありません。
なので、体力的にも精神的にもかなり厳しいんですよ。
でもね、頑張れるんです!
お父ちゃんはここで頑張るしかないんです!!
家族の笑顔を思いだして、気持ちよく正月を迎える為に。
ここで頑張らないと、いつ時化で長休みになるか分からないし、実際に数年前12月時化続きで6日間しか操業することが出来ず困ったこともあったんですよ。

そして無事2ヶ月間を終え12月29日売りで入港したら、1月5日の出航までは休み。
ほぼ一週間休みなのでスキーでも、旅行でも何でもOKです。
給与もそこそこ貰えるので、実家に帰ってしっかり親孝行もできますよ。
私も何度もスキー旅行や温泉旅行に行きました。
近年は妻と子供達との初詣旅行が楽しみになってます!

年が明け、1月になるとそんな生活は一変します。
冬真っただ中なので時化も多く、時化の合間の出航となります。
2~3日間時化みのあと、1日だけ操業し、また時化で入港ってのも多く、水揚げも時化に大きく左右されます。
53
このように松栄丸は沖底船でも小型であるため、操業内容が時化に大きく左右されます。
時化に無理をして操業することはありませんが、時化の合間の操業になるので早朝に出航したり、夜中に出航したり、まったく生活のリズムが立てられません。
これは小型沖底船では仕方ないとこです。

私も大阪でサラリーマンしていた時は、毎日夜の10時までごろまで残業し、終電で帰る日も多く、休日出勤もし、会社で寝泊まりしながら仕事してた時もありました。
生活のリズムもなく、ただ仕事に追われる毎日で精神的にはかなり厳しかったです。
まだ若かったし、仕事も楽しかったのでやっていけてたんだと思いますけど。

ただ、体力的には漁師の方が断然厳しいです。
昼も夜も操業し、おまけに力仕事ですからね。
当然だと思います。

そう思うと、やっぱり気持ちも体もリフレッシュできる時間とお金は必要ですよね。
それが手に入るかどうかは各自の頑張り次第ですけど・・・
86

セコガニ水槽売り

2016年11月9日

DSC_0409
コンテナに100匹づつ入れてます。

DSC_0408
昨年はよく水槽から逃げられたんで、網の蓋付きです。

セコガニは海底の泥深いとこに生息していて、体内にも泥が入ってることがあります。船上に揚がってきたセコガニは網の中でのストレスにより、元気が無くなっています。なので手早く洗浄し活魚水槽に入れるのですが、元気になるまでは体内から泥を吐きます。
人間も体調悪いと吐きますよね。それと同じです。
活魚水槽は吐き出された泥で濁ってしまうので、何度も水を交換します。
するとセコガニも徐々に元気になり泥を吐かなくなります。
元気になれば水も汚れなくなるので水温管理だけになります。
しかし、セコガニの体内にはまだ泥や老廃物が残っていることがあり、これが荷揚げ後の環境変化によって出てくることがあるんです。
なので、こうすることで競りまでに少しでも体内がキレイになってくれますようにと思っています。

だって、セコガニはなんと言っても内子が命ですもんね。

松葉ガニ漁解禁

2016年11月6日

調査船による今年の資源調査の結果は、オスガニはやや少なめ。メスガニは多めということらしいです。
解禁日初日の感じとしては、概ね調査結果通りの漁獲だったようです。

それから、今年の柴山港解禁日の競りで昨年までと変わったとこは、セコガニを水槽に入れて完全に活きた状態での販売が増えたことですね。
87
昨年から何隻かが取り組んでいましたが、今年の解禁日は沢山のセコガニが水槽で販売されてました。
需要としては少しずつ増えてきているようですね。
柴山ならではの取り組みだと思います。
これからもっと需要が増え、柴山ガニ同様に柴山セコ?として広がってくれたら嬉しいです。
売る船側の苦労は増えますが、買って頂けるお客様に喜んでもらえるなら頑張れますよね!

松葉ガニ漁解禁

2016年11月5日

本日の夜中午前0時になると、いよいよ松葉ガニ漁が解禁になります。
今朝9時より大漁安全祈願祭が行われ、夜10時になると各船が漁場に向かって出港します。
そして、明日の昼1時より初競りです。
その初競りの順番を決めるくじ引きを先ほどしてきました。
DSC_0405
松栄丸はなんと99番を引きました❗
数字が小さいほうが先なので、松栄丸の競り順は一番最後です。
競り順が良いか悪いかはともかく、99番を引いた強運⁉にビックリしました。

柴山港では初競りに合わせて、イベントがあります。
明日は天気が良くない予報ですが、沢山遊びに来てもらえると嬉しいですね。