かに初心者が伝授!”せこがに”の選び方

かにレベルゼロの広報室メンバー藤田が、初心者の目線で気になるあれこれをご紹介します!

そもそも、せこがにって?

 

どどんっ!!!みなさんそもそも、せこがにってご存知でしょうか?
聞いたことはあるなぁ~という人も多いのでは。

せこがに、せいこがに、こっぺがに。
地域によって呼び名はさまざまですが、山陰地方の日本海で水揚げされる松葉がにのメスのことをこうよびます。

 

 

両手の手のひらを広げたくらいのサイズで、いわゆるかによりも小さいのが特徴。漁期が短く、味わうことができる期間は年内限り!こんな風に贅沢にお味噌汁にすることもできますし、お腹に抱えた外子と甲羅の中の内子が珍味と重宝されていて、かに通からは幻のかにとも言われるほどです。

……と、寺川さんに色々教えていただいたおかげで、流暢にこんな話が話せるくらいに、知識が増えてきました。きっと普通の30代女性よりも松葉がににはくわしいはずと自負しております。

 

とはいえ、いざせこがにを食べたいと思ってもどう注文したらいいのか、どれくらい食べれるものなのか。また、注文していざ対面してみると「どうさばいたらいいんだっけ……??」と頭真っ白。

かにレベルゼロ!まったくのかに初心者の私がせこがにの選び方、さばき方を2回にわたってレポートしますっ。

 

どれくらい食べれるものなの?

お肉を自分が何グラムくらい食べられるかとかは把握していても、かにってどれくらい食べられるものなのか、まったく見当がつかない私。みなさんはわかりますか?

今回、数人の友人と食べたいなと考えていたのですが、悩んでいては注文できない!ここは社長の寺川さんに聞いてみよう!と聞いてみることに。

 

寺川社長:
せこがにならだいたいみなさん
お一人で一杯食べられますよ。
かに鍋なんかの前に
食べられる方が多いみたいです。

 

なるほど!私もちょうど、このタイミングでかに鍋を食べたいなと考えていたので、その前に食べることにしようかなと一人一杯注文することにしました。

 

ーーー
かに初心者のメモその①

せこがには一人一杯で注文するとちょうどいい
ーーー

 

そもそも「茹」と「活」どう使い分けるの?

 

次に気になったのが「茹」か「活」、どちらを選べばいいのかということ。この写真のように内子と外子を食べたい!でもどちらを選べばいいのかわからない。活を選べば新鮮なの?茹だと何がメリットなの?

かにレベルがあまりにも低いのですが、その違いさえもわからないのです笑!迷ったときは寺川さんに聞いてみるのが一番、この疑問もぶつけてみました。

 

寺川社長:
そうですね、
茹せこがには何十年と
かにを茹でてきた私たちがお届けしますので、
いい塩梅の茹でせこがにを
お届けすることができます。
届いてすぐ食べられるのが
いいところでしょうか。

活せこがには、
茹でるところから家でできるので
いいお出汁をとることができます。
お味噌汁やかに飯などに
アレンジしたい方は
活せこがにがおすすめですかね。

 

なるほど~~!!そう使い分ければいいのかと納得。
今回は内子と外子を贅沢に食べてみたいなと考えていたので、私は「茹」を選ぶことにしました。

 

ーーー
かに初心者のメモその②

そのまま食べる場合は茹せこがに、お出汁を取りたい人は活せこがにがおすすめ
ーーー

 

指落ちってなに?

 

そしてさらに私が気になったのが松栄丸さんのDMに紹介されている「指落ち」の文字。お値段はちょっとお得だけど、指落ちってどんなものが届くんだろう?

この疑問を解消するべく寺川さんに指落ちのせこがにの画像を送っていただきました!さっそく通常のせこがにと指落ちのものと比べてみましょう。

 

 

こちらは指落ちではない、通常タイプのせこがに。左に5本、右に5本。ちゃんと揃っているのがわかります。(それにしてもいい色、美味しそうですよね~。)

それが指落ちになるとこんな感じ……!

 

上から二番目の脚がありません!こんな風に途中の脚が1本ないものを「指落ち」と呼ぶようです。

ちなみに寺川社長がおもしろいことを教えてくれました。

この画像の蟹は水中で指が落ちた物、どう見分けるかというと折れたところがピンクがかっていますよね。海中で折れてからしばらくして水揚げされているので、折れたところにカサブタができるそうです。

 

一方こちらの蟹は水揚げされてから脚がおちたもの。よくみるとカサブタがありません。このカニは水中で折れたのか~と判断できるようになればもうかなりのかに通です!!!

話がそれてしまいましたが、指落ちを買うか、通常のものを買うのか。これはどういうシーンで食べるのかによって使い分ければいいのではないかと思います。

たとえばお誕生日のお祝いや、元旦などの節目に食べたいときは普通のものを。家族で食べたり友人同士でのカジュアルなパーティーには指落ちがおすすめ!と言えそうです。

とはいえ、ここにもちゃんと身がつまっていますからやっぱり指落ちじゃない方がたくさんカニの身を楽しめますよっ^^!!

 

ーーー
かに初心者のメモその③

お得な「指落ち」も、シーンを使い分けて選べば立派な「かに通」
ーーー

 

イメージが大切

ここまで来たら、あとは届いたら食べるだけ!なんですが……。また大きなハードルが一つ。

そう、かに初心者の私は「どうさばいたらいいのかわからない!」のです。
でも、せこがにが届いたらこのイメージのように素敵に盛り付けたいな~という願望が……。

 

初心者のくせに素直に食べればいいのに、なんて声も聞こえてきそうですが、せっかっく松栄丸さんが届けてくださったせこがに。丁寧に食べたいじゃないですかっ。

 

これはきれいにさばいてやってみるしかない!ということで、次週は初心者のせこがにのさばき方についてレポートしたいと思います。イメージ通りの盛り付けにたどり着くことはできるのか……!どうぞお楽しみに^^

 

せこがにの購入を検討されているみなさま!こちらから注文することが可能です。せこがにが食べられるのも年内だけ。検討されているみなさまはぜひお早めにご注文下さいね^^

 

▼▼▼▼▼▼購入はこちらから▼▼▼▼▼▼

お問合せページにてセコガニをセレクトし購入いただくことが可能です。
また、お電話やFAXでもお問合せお受けしておりますのでお気軽にご連絡を!

TEL : 0796-37-0630
FAX : 0796-37-0175

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


藤田 祥子
藤田 祥子

淡路島に住んで3年。あこがれの海が近い暮らしを楽しみながら、コピーライティングのお仕事やカフェの運営をナリワイにしています。松栄丸さんのスタッフのみなさんの温かさに魅了された私。ゆるり優しい海や人のお話をお届けしていきたいと思います。