新食感の干物「金の鰰」がひょうご五つ星に!

寺川社長が商品化に奔走した鰰の加工品が兵庫県の特産品に選定されました!

鰰(はたはた)って何?

こんにちは!松栄丸広報室の運営担当の藤田です。昨年選定されたホタルイカの干物につづいて、金の鰰が五つ星ひょうごに認定されました!

 

寺川社長:鰰の豊漁が続いた年に、おいしいからもっと食べてもらえる機会を増やしたくて……。数年前、商品化しようと奔走しました。

 

ふむふむ、寺川社長があちこちに飛び回って数年前に商品化された金の鰰。これは紹介せずにはいられませんね。

 

といいつつ、みなさん鰰という魚をご存知でしょうか?大丈夫です、私も社長にお会いするまで鰰の存在すら知りませんでした。(ごめんなさい!)

 

「しょっつる」というとみなさんの耳馴染みもあるかもしれません。秋田のしょっつる鍋、魚醤として有名ですよね。サイズは手のひらくらいのサイズで、鱗もなく調理しやすく身ばなれもいい魚です。焼きや煮付け、唐揚げや南蛮漬けにもするんだとか。うーん、おいしそう。

 

実は兵庫県の漁獲量はトップクラス

寺川社長:ある時、明石の灰干しを食べた時に「なんだこの食感は!!」と感動しまして……。これを鰰でやってみようと!

 

干物の乾燥機の設備がなく調べていたところ、とある大学で研究されていた特別なシートにたどり着いたそうです。

 

これって干物なの?ふわふわな口当たり!

干物の良さって保存が効くし味が濃縮して骨までバリバリ食べれてしまうところですよね。でも炙ったりしてもちょっと固くて食べづらかったりも。

 

ところが、このシートで作られた「金の鰰」は寺川社長が感動したふわふわの食感が生きているんです。

 

特殊なシートのお陰で水分と臭みだけを取り除くので、干物本体にはしっかりと旨みが残り鰰のふわりとした食感が口の中でほどけるんです。

 

寺川社長:できるだけ新鮮な鰰を加工したいので、漁に出た日の最後に入れる一網で引き上げられた鰰だけを使っています。このシートのお陰で水揚げしたての鰰の色も残るんです。きらきらしてるんで「金の鰰」です!

 

ひょうごの名産品として選定!

私も今年のDMを作る際に撮影用にいただいたのですが、本当にふっくら。骨からするりと身が取れるので食べやすい。淡白なので柚子胡椒といただいてごはんおかわりしてしまいました笑。

そしてこの商品も、海のスタッフのみなさんの加工によってできあがる商品!松栄丸満を持しての商品です。というわけでこの松栄丸自慢の「金の鰰」。ひょうご五つ星に選定され、兵庫県のお墨付きになりました!

かにと一緒にこちらの「金の鰰」もお試しくださいね。社長も船長も海のスタッフのみなさんも太鼓判の一品です~。

 

五つ星ひょうごとは?

ひょうご五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)の豊かな自然や歴史・文化を生かした産品の中から、ひょうごの良さをアピールする「地域らしさ」に加えて、これまでにない新規性やオリジナリティなどの「創意工夫」が施された逸品(食品・非食品の単品商品及びセット商品[兵庫の魅力的な商品の詰め合わせセット])を「五つ星ひょうご」として選定し、全国に発信することにより観光・物産振興を図っています。

詳しくはこちらから

 

▼▼▼▼▼▼購入はこちらから▼▼▼▼▼▼

鰰もこちらからお問い合わせ可能ですよ~^^

お問合せページにてご希望のかにをセレクトし購入いただくことが可能です。
また、お電話やFAXでもお問合せお受けしておりますのでお気軽にご連絡を!

TEL : 0796-37-0630
FAX : 0796-37-0175

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


藤田 祥子
藤田 祥子

淡路島に住んで3年。あこがれの海が近い暮らしを楽しみながら、コピーライティングのお仕事やカフェの運営をナリワイにしています。松栄丸さんのスタッフのみなさんの温かさに魅了された私。ゆるり優しい海や人のお話をお届けしていきたいと思います。